石原のアウエは連敗

ブンデスリーガ2部第7節は9月13日、各地で3試合が行われた。FWのアーレン1860ミュンヘンと、DFのアウエビーレフェルトとそれぞれ本拠で対戦。阿部、石原ともにベンチ入りしたが、出場機会はなかった。


アーレン 0-0 1860ミュンヘン


この試合の公式データへ

序盤は攻勢に出たアーレンだったが、徐々にリズムをつかみ始めたミュンヘンも反撃を開始する。しかしホームのアーレンはピンチをしのぎきると、後半猛攻を開始。58分には主将レアンドロが25mから直接狙うが、わずかにポストの左へ外れる。66分にはミュンヘンがシュトッペルカンプの30mシュートで先制かと思われたが、バーの上ぎりぎりを越えていく。その後はどちらも好機をものにできず、勝ち点1を分け合った。


アウエ 0-2 ビーレフェルト


この試合の公式データへ

前節ケルン戦では1-4の大敗を喫したアウエは、一部メンバーを入れ替えて昇格組ビーレフェルトを迎え撃った。コンパクトにポジションを取る相手に苦戦を強いられ、前半最初の好機は27分に訪れる。FKに合わせたジルベストルのシュートはバーの上を越えるが、アウエはようやく目が覚めたかのように攻撃を開始。得点は生まれないものの何度もチャンスを作り出す。0-0で迎えた後半、アウェーのビーレフェルトが先制。アウエは必死の反撃も実らず、ロスタイム4分にも追加点を決められると連敗となった。