第4節ウォルフスブルク戦で十字じん帯断裂、全治半年

日本代表MF のヘルタ・ベルリンは9月11日、MFアレクサンダー・バウムヨハンの手術が成功したと発表した。

バウムヨハンは8月31日の第4節ウォルフスブルク戦に先発、87分に全治6カ月の十字じん帯断裂を負って交代した。今季これまではトップ下で全試合に先発し、2アシストを記録していた。