アゼルバイジャン代表監督務めた46歳

ブンデスリーガ2部のドレスデンは9月5日、新監督にオラフ・ヤンセン氏が就任したと発表した。契約は2015年6月30日まで。

ヤンセン氏はアゼルバイジャン代表監督を務めていたが、ドレスデンスポーツディレクターのシュテフェン・メンツェ氏およびクリスティアン・ミュラー社長はヤンセン氏との合意にこぎつけ、水曜にクラブ監査会がこれを認めた。