第6節アウクスブルク戦から出場可能

ドイツサッカー連盟(DFB)は9月3日、日本代表DFの所属するハノーファーMFの出場停止処分を3試合から2試合に軽減すると決定を下した。

フスティは第3節シャルケ戦74分に、レッドカードによって退場となった。当初、DFBは3試合の出場停止処分を発表したが、ハノーファーがこれに異議申立てをし再審議の結果、処分が変更された。