8月にスペイン代表戦で負傷

バイエルンは9月3日、スペイン代表MFハビエル・マルティネスがこの日そけい部の手術を受けたことを発表した。欠場期間は明らかになっていない。

マルティネスは先月30日に行われたUEFAスーパーカップのチェルシー戦で、内側じん帯を負傷したが、それ以前に代表戦でそけい部を痛めていた。それでもスーパーカップには出場し2-2となる同点弾を決める活躍をみせた。

バイエルンはこれでマリオ・ゲッツェ、バスティアン・シュバインシュタイガー、アリエン・ロッベンに続いて4人目の離脱者となった。