契約は2017年6月30日まで、背番号は9

日本代表DF内田篤人のシャルケは8月30日、イタリアの名門ACミランからMFケビンプリンス・ボアテングを獲得したと発表した。契約は2017年6月30日まで、背番号は9となる。

ボアテングは28日(水)にはミランの一員としてCLに出場、2ゴールを挙げた。あす31日(土)に行われるブンデスリーガ第4節レーバークーゼン戦で初出場となる可能性が高い。

シャルケのスポーツディレクターであるホースト・ヘルト氏は今回の獲得について「ここ数日はボアテング獲得のため集中的に動いていたので、契約にこぎつけたことは本当にうれしい。ケビンを説得するのは難しくなかったが、彼が好成績を残しているミランを説得するのが非常に大変だった」と明かした。さらに「クオリティーが高い選手で、ともに輝かしい未来を築いていけることを願う」と期待を寄せた。

ボアテングも「シャルケのようなトップクラブでプレーできることは単純に幸せ。これは新たな挑戦」と大きな喜びを表している。

1987年、当時の西ベルリンで生まれたボアテングは1994年からヘルタ・ベルリンでサッカーを始めた。2007年にプレミアリーグのトッテナム・ホットスパーへプレーの場を移し、2008/09シーズン後半戦にはドルトムントへ期限付きで移籍。2009/2010シーズンにはポーツマスでプレーし、その後ACミランと契約した。

ヘルタではブンデスリーガ52試合に出場し4得点、ドルトムントでは10試合に出場した15歳以下チームでドイツ代表に選ばれると、U18を除くすべてのユース年代で代表チームでプレーした。しかし2010年にガーナ国籍を選び、以降は同国代表として9試合に出場し1得点を決めている。2010年W杯南アフリカ大会では、兄弟であるバイエルンのドイツ代表DFジェローム・ボアテングと対峙した。