ホームでマインツ下す 酒井はフル出場

ブンデスリーガ第4節初日は8月31日、各地で6試合が行われた。日本代表DFのハノーファーはホームで同FWが所属するマインツを下して連勝。マインツは4連勝を逃した。酒井と岡崎はともにフル出場した。

ニュルンベルク対アウクスブルクの試合記事へ
その他4試合の記事へ

ハノーファー 4-1 マインツ


この試合の公式データへ

前半、どちらもシュートチャンスを作り出せずに序盤が過ぎるが、12分にマインツが先制。ハノーファーDFマルチェロがクリアミスしたボールを拾ったニコライ・ミュラーがフリーになると、4試合連続5点目となるゴールを右隅に決めた。ここからはマインツ攻勢も決め手のない展開が続くが、31分に形勢逆転。CKからのこぼれ球をエースFWジュフが頭で押し込み、ホームのハノーファーが同点に追いつく。さらに37分、2人をかわしながらシュティンドルがゴール右からマイナスの方向へクロスを上げ、これをソビアクがヘッドで合わせると逆転に成功する。直後の39分にはマインツにチャンス。ミュラーのシュートは防がれるが、こぼれたボールはゴール前の岡崎の足元へ。しかし右足シュートはバーを越え、同点にはならない。

ハノーファーリードで迎えた後半は、決定機のないまま25分が経過。展開が動いたのは80分、後半途中から入ったヤコナンがビッテンクールトの右クロスから追加点を蹴り込んだ。ハノーファーはさらにその2分後にもプリプがゴールしマインツを突き放す。ペースを取り戻せないマインツは必死の反撃も実らず、ゴールは遠い。結局、4点を奪ったハノーファーがそのまま勝利、マインツの連勝は3でストップした。