オンライン投票結果発表、1位はドルトムントのロイス

ハノーファーに所属する日本代表DFは、ブンデスリーガ公式サイト独語版のユーザー投票による第3節のブンデスリーガMVP選で、全票数の7.03%を獲得し第4位となった。同サイトが8月28日に発表した。

酒井は24日のシャルケ戦に右サイドバックでフル出場。90分通して安定した守備をみせ、適切なタイミングでの攻撃参加や1対1では88.9%の勝率と圧倒的な強さでチームの2-1での勝利に貢献し、MVPの候補となった。

1位 39.37% FW(ドルトムント)
2位 22.02% MF(レーバークーゼン)
3位 21.54% MF(バイエルン)
4位 7.03% DF酒井宏樹(ハノーファー)
5位 5.34% GK(ヘルタ・ベルリン)