2011年からU17監督

日本代表DFの所属するシュトゥットガルトは8月26日、この日解雇となったブルーノ・ラバディア前監督の後任に同クラブU17の監督を務めていたトーマス・シュナイダー氏(40)が就任すると発表した。契約期間は2年。アシスタント・コーチはアルフォンス・ヒーグル、トミスラフ・マリッチの両氏が務める。




シュナイダー氏は2011/12シーズン、シュトゥットガルトU17の監督に就任し、同年準優勝を果たした。昨シーズンはドイツBユース(U17)選手権に優勝した実績を持つ。10歳でシュトゥットガルトに入団し、各年代のユースチームを経て1991/92シーズンにプロデビューした生え抜きだ。U19では2度のドイツ選手権優勝を経験している。プロとしては同クラブでリーグ戦133試合に出場、1992年にはドイツ王者となり、1997年にはDFB杯優勝を果たした。