けがから復帰の阿部は68分から今シーズン初出場

ブンデスリーガ2部第5節2日目は8月23日、各地で2試合が行われた。FWが所属するアーレンは本拠でカイザースラウテルンに4-0で快勝し、今季2勝目を挙げた。けがの影響で欠場が続いていた阿部は、68分から4-3-3の左MFに入り、今シーズン初出場を果たした。

アーレン 4-0 カイザースラウテルン


この試合の公式データへ

前節コトブス戦では1-5と大敗を喫したアーレンだが、試合では攻撃陣が大爆発。序盤は均衡した展開が続いたが、まずは42分にアーレンが先制する。左サイドを突破したレヒライターがゴール前へ低いクロスを出すと、相手DFのオウンゴールとなった。その直後にはカイザースラウテルンのイルディスーが一発レッドで退場する。そのまま1-0で後半を迎えると、数的有利となったアーレンは48分にバレンティニが追加点。71分にもブバラが得点すると、88分には阿部とワイスのワンツーから、返しを阿部がスルー。そこへ走りこんでいたバレンティニが右足でこの日2点目となるゴールを蹴り込んだ。

アーレンは今シーズン本拠初勝利を飾り、2勝2敗1分とした。次節は9月1日、アウェーで昇格チームのカールスルーエと対戦する。