第2節バイエルン戦を終えて

アイントラハト・フランクフルトに所属する日本代表MFは8月17日、バイエルンとの第2節に左MFで先発、78分までプレーした。0-1での惜敗を次のように振り返った。

フランクフルト対バイエルンの試合記事へ

――きょうの試合を振り返って。

乾貴士 まあ、強かったです。バイエルンは。

――対峙することの多かったラームについて。

技術もあるし、ディフェンスもしっかりできるし、トッププレーヤー。独代表の主将もやっているし。すごい選手。

――バイエルン相手に、お手上げという感じだったのか。

きょうは、ほぼ守りだったし、相手のミスを突くところでしかチャンスはなかった。自分たちのかたちは全く出せなかった。

――しかし立ち上がりには、乾選手にも左サイドを突破した場面など、チャンスはあった。

ああいうところで決めないと、こういうチーム相手には点は取れない。チャンスらしいチャンスはあまりなかったが、どうにかして点を取らないと、こういう相手には勝てない。

――バイエルンのプレスがきつかった。

こっち(フランクフルト)がびびりすぎた、というのもある。前半から。

――次の試合に向けて抱負を。

次の試合、どういうメンバーになるかも分からない。誰が出るかも分からない。練習からアピールして頑張っていきたい。