コンフェデ杯に主力として出場した守備的MF

日本代表MFが所属するウォルフスブルクは8月16日、バイエルンのブラジル代表MFルイス・グスタボ(26)を同日付で獲得したと発表した。契約は2018年まで。移籍金など条件は両クラブの申し合わせにより公表しない。

ウォルフスブルクのアロフス・スポーツ担当取締役は「獲得することが出来てうれしい」と談話を発表。グスタボはバイエルンへの移籍前はホッフェンハイムに所属。これまでブンデスリーガでは延べ136試合の出場し、8ゴールを決めている。ブラジル代表としての出場試合数は11。ウォルフスブルクではディエゴ、ナルドに次ぐ3人目のブラジル人選手となる。