酒井宏樹は右SBでフル出場

9日にバイエルンとメンヘングラートバッハの一戦で2013/14シーズンが開幕したブンデスリーガは8月10日、各地で第1節の6試合が行われた。日本代表MF細貝萌のヘルタ対同MF乾のフランクフルト、ホッフェンハイム対日本代表MF清武弘嗣とMF金崎夢生のニュルンベルク以外の4試合の結果は次の通りとなった。

ヘルタ対フランクフルトの試合記事へ
ホッフェンハイム対ニュルンベルクの試合記事へ

ハノーファー 2-0 ウォルフスブルク


この試合の公式データへ

日本代表DF酒井宏樹が所属するハノーファーは本拠地で日本代表MF長谷部誠が所属するウォルフスブルクに2-0で勝利した。酒井は右SBでフル出場、長谷部は出場停止でベンチ外だった。

ハノーファーの先制は17分、MFアンドレアセンがボール奪取でカウンターを始動し、FWジュフからリターンを自ら決めた。ウォルフスブルクは32分にMFアーノルドが危険なスライディングで一発退場となり、52分にDFクローゼが2度目の警告を受けて退場。11人対9人と人数では圧倒的不利となったが、それでも主導権を握る時間帯はあった。何とか無失点でしのいだハノーファーは84分にMFフスティの追加点で2-0とし、開幕を勝利で飾った。

酒井宏樹は7月11日の強化試合で右内転筋の肉離れを負い、その後の合宿はほぼリハビリに費やした。「合宿当時は、『も(きょうの)開幕戦も、出場は難しいかな』、という状態だった。だけどうまく血が引いてくれた。ここ最近は、きょうのピッチに立つのが目標だった。さらに完封。最高のスタートで、ほっとしている」と充実感たっぷりの笑顔で話した。

レーバークーゼン 3-1 フライブルク


この試合の公式データへ

レーバークーゼンは本拠地でフライブルクを3-1で下した。先制したのはレーバークーゼン。22分、ライナーツを経由したFKからのクロスを昨季得点王のがヘディングで押し込んだ。レーバークーゼンは40分、FWハンケのゴールで1点返されるも、46分に新加入のFW孫(ソン)が、52分にはMFサムが得点し、3-1で順当に勝ち点3をつかんだ。

アウクスブルク 0-4 ドルトムント


この試合の公式データへ

王座奪還を目指すドルトムントは、 今夏新加入のオバメヤンが3ゴールの大活躍で、アウクスブルクに4-0で勝利し開幕ダッシュに成功した。まずは24分、オバメヤンが先制弾。 シュメルツァーの左クロスをゴール前に走り込むと、右隅に決めた。1-0で迎えた後半は、ドルトムントのゴールラッシュ。オバメヤンが66分、この日2点目を挙げると79分にも追加点。最後はエースの レバンドフスキが86分にダメ押しゴールを決め、快勝で好スタートを切った。

ブラウンシュバイク 0-1 ブレーメン


この試合の公式データへ

28年ぶりに1部へ復帰した ブラウンシュバイクは、本拠へブレーメンを迎えた。前半、チャンスが少ないながらもゲームをコントロールしたのはブレーメン。それに対してブラウンシュバイクは守備的な陣形からカウンターを狙っていく。0-0で後半を迎えると、流れはブラウンシュバイクに傾き始める。しかしチャンスに決めきれずに時間は過ぎ、82分に ユヌゾビッチに決められると点を返すことができず、0-1で敗れた。