CL最終予選

欧州サッカー連盟(UEFA)は8月9日、本部のニヨン(スイス)で、欧州チャンピオンズリーグ(CL)最終予選の組み合わせ抽選を行う。日本代表DFが所属するシャルケは、昨季ブンデスリーガ4位となりこの最終予選への出場権を得た。

そのためシャルケの対戦相手もこの日に決まる。シャルケのほか、アーセナル(イングランド・プレミアリーグ)、ACミラン(イタリア)、オリンピック・リヨン(フランス)にはシード権があり、これらのチーム同士で対戦することはない。

これらのチームが当たる可能性があるのは、PSVアイントホーフェン(オランダ)、PAOKサロニキ(ギリシャ)、レアル・ソシエダード(スペイン)、フェネルバフチェ・イスタンブール(トルコ)など、シード権がないとはいえあなどれない相手ばかり。3次予選第2戦の残りが行われる7日夜に、最終予選に出場するチームが出揃う。

最終予選はホームアンドアウェー方式で、第1戦は8月20、21日に、第2戦は同27、28日に実施する。勝ち抜けば、9月に始まるCL本選に出場する。昨季ブンデスリーガの1~3位だったバイエルン・、ミュンヘン、ドルトムント、レーバークーゼンは、それぞれ本選出場権を得ている。