欧州CL最終予選

欧州チャンピオンズリーグ(CL)最終予選(プレーオフ)全10試合の組合せ抽選が8月9日、欧州サッカー連盟(UEFA)本部のあるスイスのニヨンで行われた。

昨季ブンデスリーガ4位で日本代表DFの所属するシャルケは、昨季ウクライナ2位のメタリスト・ハルキフと対戦することが決まった。シャルケは第1戦をホームで行う。

抽選結果を受けて、シャルケのヘルト取締役は「今回の抽選で当たる可能性のあったなかでは、最も強いチーム。容易ではない」と、ケラー監督は「メタリストは予算も多く強いチーム。だがうちが本選に出場したいという目標は変わらない」と話した。

最終予選はホームアンドアウェー方式で、第1戦を8月20、21日に、第2戦を同27、28日に実施する。組合せは次のとおり。左のチームが第1戦をホームで行う。


シャルケ - メタリスト・ハルキフ(ウクライナ)
オリンピック・リヨン(フランス) - レアル・ソシエダード(スペイン)
パソス・フェレイラ(ポルトガル) - ゼニト(ロシア)
アイントホーフェン(オランダ) - ACミラン(イタリア)
アーセナル(イングランド) - フェネルバフチェ(トルコ)
ディナモ・ザグレブ(クロアチア) ー オーストリア・ウィーン(オーストリア)
ルドゴレツ・ラズグラド(ブルガリア) - バーゼル(スイス)
ビクトリア・プルゼニ(チェコ) - NKマリボール(スロベニア)
シャフテル・カラガンダ(カザフスタン) - セルティック(スコットランド)
ステアウア・ブカレスト(ルーマニア) - レヒア・ワルシャワ(ポーランド)

フェネルバフチェ(トルコ)とメタリスト・ハルキフ(ウクライナ)の2クラブがCLに参戦できるかについては、スポーツ仲裁裁判所(CAS)の判決待ちのため保留となっている。