監督はハインケス氏

ドイツ年間最優秀サッカー選手に今夏、昨季3冠を達成したバイエルン・ミュンヘンのドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーが選出された。同賞は専門誌キッカーの主催で毎年夏にドイツ全国のスポーツ記者が投票で選ぶ権威あるもので、2012/13シーズンを対象にした今回は54回目の開催となった。

8月1日に29歳の誕生日を迎えるシュバインシュタイガーは、プロ11シーズン目にして初受賞。有効投票総数527のうち最多の92票を得て、同僚のフランス代表MFとドイツ代表MFを抑えた。バイエルンから最優秀選手が選出されるのは19回目。昨年夏は現在に所属するドイツ代表(2011/12シーズンはメンヘングラートバッハ所属)だった。

最優秀監督には、バイエルンを3冠に導き今夏引退したユップ・ハインケス氏(68)が選出された。有効投票総数517のうち383票を得て、フライブルクを昨季5位に導き今季の欧州リーグ本選出場を果たしたシュトライヒ監督と、昨年まで2回連続最優秀に選ばれたクロップ監督(ドルトムント)を圧倒的に抑えた。

選手部門
1位 92票 バスティアン・シュバインシュタイガー(バイエルン)
2位 87票 フランク・リベリ(バイエルン)
3位 85票 トーマス・ミュラー(バイエルン)
4位 55票 ロベルト・レバンドフスキ(ドルトムント)
5位 38票 フィリップ・ラーム(バイエルン)
6位 35票 シュテファン・キースリング(レーバークーゼン)
7位 19票 マリオ・ゲッツェ(ドルトムント、今夏バイエルンに移籍)
8位 18票 イルカイ・ギュンドアン(ドルトムント)
9位 16票 ローマン・バイデンフェラー(ドルトムント)
10位 15票 アリエン・ロッベン(バイエルン)

監督部門
1位 383票 ユップ・ハインケス監督(バイエルン、今夏引退)
2位 77票 クリスティアン・シュトライヒ監督(フライブルク)
3位 19票 ユルゲン・クロップ監督(ドルトムント)
4位 13票 マークス・ワインツィアル監督(アウクスブルク)
5位 8票 アーミン・フェー監督(フランクフルト)