強化試合でアクヒサル・ベレディエスポルに完封勝利

日本代表DFが所属するシュトゥットガルトは7月27日、アクヒサル・ベレディエスポル(トルコ1部)と強化試合を行い、2-0で勝利した。酒井は右SBでフル出場した。

ドイツ南西部ドナウエツシンゲンで合宿中のシュトゥットガルトは、東に約100キロ離れたフリードリヒスハーフェンへ移動して強化試合に臨んだ。先制点を決めたのは、20歳のCBリューディガー。37分、新加入MFラウシュのFKからのクロスに頭で合わせた。追加点は、やはり若手の17歳のウェアナーが決める。80分、ペナルティエリア内から左足でのシュートを突き刺した。