オリンピアコス・ピレウスと0-0で引き分け

日本代表DFが所属するシュトゥットガルトは7月26日、強化試合でオリンピアコス・ピレウス(ギリシャ)と対戦し、無得点で引き分けた。酒井は4-2-3-1の左サイドバックで前半のみ出場した。

シュトゥットガルトは13分にマキシムが最初のシュートチャンス。しかしわずかに枠外へそれる。12分にはライトナーから左サイドのトラオレへいいパスが出るが、トラオレのクロスはDFにクリアされる。しかしその後はチャンスを作り出せないまま前半が終了する。後半は開始2分に、酒井に代わって出場したラウシュが好クロスを上げ見せ場を作るも、得点には結びつかない。61分、63分にはGKウルライヒのファインセーブでピンチを逃れるたが、攻撃陣は沈黙したまま。結局、どちらもゴールのないまま90分が過ぎた。


シュトゥットガルト出場メンバー:
ウルライヒ - シュバープ、タスキ、リューディガー、酒井(46分、ラウシュ) - ライトナー(65分、ケディーラ)、ボカ - ウェアナー(46分、カカウ)、マキシム(79分、ハイナル)、トラオレ - イビシェビッチ