3位はドルトムント

昨季3冠王者のバイエルンは7月21日、4チームで争われるプレシーズン大会2013年テレコムカップの決勝で、メンヘングラートバッハと対戦し5-1で完勝した。また、3位決定戦はドルトムントが制した。試合はいずれも前後半30分ハーフで行われた。

メンヘングラートバッハ 1-5 バイエルン(決勝戦)


第2戦ではハンブルガーSVに4-0で快勝したバイエルンだが、決勝でもその圧倒的強さをみせつけた。まずは17分にリベリが先制点を決めると、続いてラームが23分にゴール。チームに加入して間もないティアゴもその3分後に得点し、41分にはロッベン、60分にはミュラーが決め、ゴールラッシュで勝利をしっかりとものにした。グラートバッハは30分にデヨングがPKで1点を返したのみ。反撃には及ばなかった。

バイエルン出場メンバー
GKシュターケ - ラフィーニャ、ボアテング、ファンボイテン(49分、キルヒホフ)、コンテント(31分、アラバ) - ティアゴ(50分、シャキリ) - ロッベン、ラーム(50分、ワイラオホ)、クロース(51分、ワイザー)、リベリ - ミュラー

メンヘングラートバッハ出場メンバー
GKハイメロート - ヤンチュケ、ノートファイト、ドミンゲス、ウェント - ヘアマン、ダホウト、シャカ(31分、クラーマー)、アランゴ - デヨング、ルゴタ

得点
0-1 17分 リベリ
0-2 23分 ラーム
0-3 26分 ティアゴ
1-3 30分 デヨング
1-4 41分 ロッベン
1-5 60分 ミュラー


ドルトムント 1-0 ハンブルガーSV(3位決定戦)


決勝に先立って行われた3位決定戦ではドルトムントがハンブルガーSVを1-0で破った。ミキタリヤン(足首負傷)、オバメヤンブワシュチコフスキ(ともに胃腸炎)ら主力6人を欠いたドルトムントだったが、24分にMFホーフマンが決勝弾を挙げた。

ドルトムント
GKランゲラク - ズボティッチ、フメルス(31分、ソクラテス)、シュメルツァー(31分、バンドフスキ) - ケール(31分、ベンダー)、ギュンドアン - ホーフマン(43分、キルヒ)、ロイス(31分、シャヒン)、シーバー - レバンドフスキ(31分、グロースクロイツ)

ハンブルク
GKノイハウス - マンシエン、ソービヒ、ライコビッチ、ヤンゼン - リンコン(47分、アースラン)、デミルバイ(58分、ナフィウ) - シェルブレッド(56分、バイスター)、ジャルハノーウル(47分、ファンデアファート)、イラチェク(56分、イリチェビッチ) - ルドネフス(47分、ズア)

得点
1-0 24分 ホーフマン