左MFで強化試合フローニンゲン戦に先発

日本代表FWが所属するマインツは7月18日、マインツ西部のバートクロイツナッハでオランダ1部リーグのFCフローニンゲンと強化試合を行い、4-0で勝利した。岡崎は4-2-3-1の左MFで先発し、前半のみプレー。18分にドリブルで仕掛け、チームの3点目につながるPKを獲得した。

試合が動いたのは、開始から間もない7分。マインツの左SBファティが深い位置からのクロスを入れたところにMFツィムリングが合わせた。MFツィムリングは9分にもゴール前でクロスを上手くトラップし、右足で2点目を突き刺す。マインツの3点目は、岡崎が獲得したPKをMFミュラーが決めたもの。18分、左サイドでのプレスからボール奪取した岡崎は、ドリブルでペナルティエリア内へ切れ込み、ファウルを誘った。

後半、11人全員を入れ替えたマインツは64分、FWパーカーが獲得したPKをMFマリがしっかり決めた。守備でもフローニンゲを完璧に抑え、4-0で完封勝利した。マインツのトゥヘル監督は「うちはよく守り、非常に注意深く、集中力が大変高く、好機をしっかり決めた。勝ちにふさわしい試合だった」と話した。

マインツでの実戦デビューを果たした岡崎は「体力的にしんどいっす」と休暇明けのコンディションに苦笑いを見せながらも、「(マインツは)守備が洗練されてるから、やりたいことが分かりやすい」と新天地での出だしに好感触を示した。

マインツ 前半メンバー
GK ベトクロ - シルク、ブンガート、ベル、ファティ - ザラー、バウムガートリンガー - ニコライ・ミュラー、ツィムリング、岡崎 - シャヒン

マインツ 後半メンバー
GK ハインツ・ミュラー - コッホ、スベンソン、ノベスキ、ポスペヒ - ガイス、モーリッツ - パーカー、マリ、エデ - ポルター


得点者:
1-0 7分 MFツィムリング
2-0 9分 MFツィムリング
3-0 19分 MFミュラー
4-0 64分 MFマリ