TuSコブレンツを4-1で下す

日本代表DFが所属するシャルケは7月17日、ドイツ4部リーグのTuSコブレンツと強化試合を行い、4-1で勝利した。休暇を終え16日からチーム練習に参加している内田は、59分から途中出場した。

この試合はコブレンツの監督がシャルケのMFノイシュテッターの父、ペーターさんであることから実現した。約7000人の観衆が見守るなか、シャルケはFWソロイの2得点で快調な滑り出しをみせた。前半は20分にDFヘーベデスがCKに合わせて加点し、3-0で折り返した。

8選手を入れ替えて臨んだ後半は58分に1点を返されたが、66分にノイシュテッターのパスを起点にFWプッキが得点し4-1とした。今夏初の強化試合出場となった内田は、66分に左足でシュートを放つなど、積極的な攻撃参加をみせた。


シャルケ 前半のメンバー
GKヒルデブラント - ホークラント、サンタナ、ヘーベデス、コラジナッチ - ジョーンズ、ゴレツカ - ファルファン、ソロイ、バストス - フンテラー

シャルケ 後半のメンバー
GKウナーシュタル - ヘーガー、アイハン、ヘーベデス、フックス - ジョーンズ(59分、内田)、ノイシュテッター - バルネッタ、クレメンス、クリンゲンブルク - プッキ

得点:
0-1 8分 FWソロイ
0-2 13分 FWソロイ
0-3 20分 DFヘーベデス
1-3 58分 MFラーン(コブレンツ)
1-4 66分 FWプッキ