左サイドバック

日本代表FW岡崎慎司(27)がこのほど新加入したマインツは7月17日、スイス1部リーグのバーゼルから、韓国代表DF朴柱昊(パク・チュホ)(26)を獲得したと発表した。契約は2015年6月までの2年で、さらに2年延長できるオプションがついている。移籍金は両クラブの申し合わせにより公表されない。マインツによれば、今後メディカルチェックに合格すれば、契約書にサインする。

朴柱昊(パク・チュホ)は2009年Jリーグ鹿島アントラーズで、2010年から1年半はジュビロ磐田でプレーし、2011年夏にバーゼルに移籍した。

バーゼルでは最初のシーズンとなった2011/12シーズン、スイスのリーグ戦とカップ戦の2冠を達成。延べ13試合に出場したUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でも16強入りを果たしたが、決勝トーナメント1回戦でバイエルン・ミュンヘンに敗退した。2012/13シーズンはスイスリーグ優勝のほか、延べ9試合に出場したUEFA欧州リーグ(EL)では準決勝進出を果たした。

マインツのトゥヘル監督は「戦術面でも技術面でも素晴らしい選手で、(CL・ELなど)国際舞台での経験が豊富なのがいい。バーゼルでは左サイドの主力だったが、マインツでもその能力をぜひ発揮してほしい」との談話を発表した。