強化試合でブルサスポル(トルコ)に4-1

現在スイスで合宿中のドルトムントは7月13日、トルコ1部リーグのブルサスポルと強化試合を行い、4-1で勝利した。今夏フランス1部のサンティエンヌから移籍したFWオバメヤンは、移籍後初ゴールを決め、チームに2点目をもたらした。

7千人が見守るなか、ドルトムントはエース、FWレバンドフスキの得点で幸先よく先制すると、前半終了直前に新加入ミキタリヤンのアシストでオバメヤンがゴールネットを揺らす。新人2人の頼もしい活躍で勢いづいたドルトムントは後半、メンバーを総入れ替え、さらにスベン・ベンダーが負傷退場する不運に見舞われるも、ロイスのゴールなどでリードを広げた。