「SAT.1ヘルデン・アム・バル」相手に9-1

ドルトムントは7月6日、アマチュアや有名人で構成されるチーム「SAT.1ヘルデン・アム・バル」と慈善試合を行い、9-1で勝利した。「25得点したら、翌7日の練習を休みにする」というクロップ監督の目標には届かなかったが、開始わずか2分でFWシーバーが先制点を決めると、前半を3-1で折り返し、後半はMFギュンドアンの2得点などで突き放した。

試合前には新加入のDFソクラティス、FWオバメヤンがファンに紹介された。ソクラティスは「クラブのために100%力を出し切る。ここは完璧な場所。ファンも素晴らしい」、オバメヤンは「ドルトムントは欧州チャンピオンズリーグで決勝進出を果たした偉大なチーム。ここで前進できるよう頑張りたい」と抱負を語った。