背番号は5に決定

スイス代表DFティム・クローゼ(25)が、日本代表MF清武弘嗣とMF金崎夢生の所属するニュルンベルクから、日本代表MF長谷部誠のウォルフスブルクに即日移籍した、と両クラブが7月1日に発表した。既にメディカルチェックに合格。契約は2017年6月までの4年で、移籍金は両クラブの申し合わせにより非公表。ウォルフスブルクでの背番号は5に決まった。

2011年夏にスイス1部リーグのトゥンからニュルンベルクに加入。ブンデスリーガでは2シーズンで計45試合に出場し、センターバックとしてチームの大黒柱に成長した。スイス代表では2012年夏、ロンドン五輪に出場。A代表ではこれまで6試合に出場している。

クローゼは「自分のキャリアで次の一歩を踏み出すため、ウォルフスブルクへの移籍を決めた。新天地でのチャレンジが楽しみ。チームの戦力となるため全力を尽くす」と談話を発表。昨年12月までニュルンベルクを率い、現在はウォルフスブルクの指揮官であるヘッキング氏は「ティムはここ数年で大きく成長し、センターバックに必要な要素を全て身につけている」と獲得を喜んでいる。