元トルコ代表、2年契約

アウクスブルクは7月1日、元トルコ代表FWハリル・アルティントップ(30)を獲得したと発表した。契約は2015年6月までの2年間。移籍金は発生しない。2012/13シーズンまでは2年間、トルコ1部リーグのトラブゾンスポルに在籍していた。

ハリル・アルティントップと双子の兄ハミト(現ガラタサライ・イスタンブール)は、ゲルゼンキルヘンの生まれ育ち。ともに代表はユース時代からトルコでプレーしている。弟ハリルはカイザースラウテルン、シャルケ、アイントラハト・フランクフルトなどに所属し、ブンデスリーガでの経験は豊富。

アウクスブルクのロイター取締役は「トラブゾンスポルでの契約を解消してくれたため、今回の移籍が実現した。アウクスブルクに決めてくれて嬉しい」と談話を発表。ワインツィアル監督は「ブンデスリーガで200試合以上出場したという経験だけでなく、リーダーシップのある選手という点でもチームにとって大きい」と喜んだ。

アルティントップは合宿先のルーポールディングでチーム合流する予定。