ことし4月にハノーファーでの同職を辞任

ブンデスリーガ2部のケルンは6月27日、ヨルク・シュマートケ氏(49)が7月1日付でスポーツディレクターに就任することを発表した。

シュマートケ氏はことし4月、日本代表DFが所属するハノーファーの同職を辞任した。新たなクラブでの再出発を迎えるシュマートケ氏は「ケルンでの仕事を楽しみにしている。クラブ幹部との話し合いでポジティブな印象を受けた。チームが今後、成功を収められると思っている」と喜びを語った。