ドルトムントのポーランド代表DF

ボルシア・ドルトムントは6月6日、右サイドバックの主力でポーランド代表DFがミュンヘンで3時間半に及ぶ右股関節の手術を受けたと発表した。

チームドクターのブラウン博士によれば、およそ5カ月離脱する見込み。ピシュチェクはこれまでブンデスリーガの162試合で9得点、ポーランド代表では34試合に出場している。