シュトゥットガルトMF、ことし2月から長期欠場中

日本代表DFと同FWが所属するシュトゥットガルトは5月23日、MFがひざの再手術を受ける必要があることを明らかにした。

ディダビは2012年5月、強化試合でひざを負傷。順調に回復し、同年12月の前半戦最終節マインツ戦に77分から出場し一度は復帰を果たした。第18節ウォルフスブルク戦、ホームで行われた第21節ブレーメン戦でも途中出場したが、その後再びひざの痛みを訴え、以来欠場が続いていた。

完全回復のためには再手術が必要で、術後6週間は安静にしなければならず、その後数カ月かけて徐々にトレーニングを積み重ねていくという。来季へ向けたプレシーズン中の復帰は難しい状態となった。