第34節をデータで振り返る

2012/13シーズン最終節となった今節でも多くの記録が生まれた。バイエルンの29勝、勝ち点91はブンデスリーガ史上最高の値。アウクスブルクは1部ではクラブ史上初めてとなるホーム3連勝で、残留を実現した。

連続


  • アウクスブルクはブンデスリーガではクラブ史上初めてホーム3連勝。これによって1部残留が可能となった

  • 13試合勝ち星がないブレーメンは、クラブのワースト記録を更新

  • ウォルフスブルクはアウェーでは7戦負けなしで、クラブ新記録を樹立

  • デュッセルドルフは5連敗。勝ち星のない期間に至っては12試合となる

  • レーバークーゼンは今季の最終5試合で連勝した唯一のチーム



ゴール


  • 今季は延べ898ゴールが生まれ、2003/04シーズンの909ゴールに迫る得点の多いシーズンだった

  • バイエルンは今季、リーグ34試合すべてで得点。1シーズン98得点は、1971/72シーズンにバイエルン自身が達成した101得点に次ぐブンデスリーガ史上第2位

  • ドルトムントは今季81得点でクラブ新記録を樹立。18ゴールは試合開始から15分以内に決められたもの

  • ドルトムントのFWは24ゴールを挙げ、ブンデスリーガにおけるポーランド人の最多得点記録を更新した

  • ニュルンベルクのDFは今季6ゴールを決め、ディフェンダーでありながらチームの得点王となった

  • ハノーファーは60得点をマークし、ブンデスリーガにおけるクラブ記録を更新した

  • レーバークーゼンのFWは最終節終了間際のゴールにより得点王に輝いた。レーバークーゼンから得点王が出るのはウルフ・キルステン(1993、1997、1998年)以来2人目

  • シュトゥットガルトは今季37得点と攻撃が振るわず、クラブのワースト記録を更新



記念


  • ハノーファーのDFはブンデスリーガ300試合出場を達成。さらに節目の試合で今季初アシストを記録した



その他


  • バイエルンは今季29勝で、勝ち点91を稼いだ。これはブンデスリーガ史上最高

  • アウェー無敗で1シーズンを終えたチームが出たのは、今季のバイエルンが2度目。1度目も1986/87シーズンのバイエルンだった

  • フランクフルトは昇格チームにして堂々の6位終了。来季の欧州リーグ出場権を獲得した