CL予選出場権を獲得

ブンデスリーガ第34節は5月18日、各地で全9試合が行われ、日本代表DF内田篤人が所属するシャルケは、敵地でフライブルクを2-1で下し、土壇場で来季欧州チャンピオンズリーグ(CL)予選出場権を手にした。

フランクフルト対ウォルフスブルクの記事へ

残留争いの記事へ

その他4試合の記事へ

この試合の公式データへ


フライブルク 1-2 シャルケ



あと勝ち点1を手にすれば4位が確定するシャルケに対し、勝利必須のフライブルクは序盤から積極的に攻撃をしかける。6分にはそんなフライブルクにこの試合最初の好機が訪れる。DFムイジャがゴール前にクロスを上げ、味方が走り込むものの、うまくタイミングが合わない。その後も勢いのあるフライブルクへの対応に追われるシャルケは、FWフンテラ-にボールを集めて反撃するが、チャンスを作り出すことができない。それでも、先制したのはシャルケ。フンテラーからのパスを受けたMFドラクスラーが20分、GKの位置を確認してから、落ち着いてファーポストにシュートを沈めた。ドラクスラーはこれで後半戦7点目とし、大切な場面で実力を発揮。

これで落ち着きを取り戻したシャルケは、安定したプレーを取り戻す。対するフライブルクは30分、MFシュスターからパスを受けたMFローゼンタールのシュートを皮切りに反撃を開始。

後半に入ってからも、逆転を目指すフライブルクは54分、ローゼンタールが内田のマークを振り切ってゴール前にボールを出すと、MFシュミードがこれを押し込んで同点に追い付く。しかし、喜びもつかの間、58分には右サイドからMFジョーンズが放ったクロスが、シュスターに当たってオウンゴールとなり、シャルケが再び2-1と勝ち越しに成功する。

これでさらに2点が必要となったフライブルクは怒とうの攻撃をしかけるが、コンパクトなシャルケの守備をなかなか崩すことができない。結局シャルケがそのまま最後まで守りきり、4位の座を手にするとともに、CL出場権を獲得。内田は右SBとしてフル出場した。

フライブルクのシュトライヒ監督は試合後、「シャルケ相手に果敢に攻撃をしかけた選手たちのことを誇りに思う。ドラクスラーに先制を許したこと、追加点を奪われたことはミスとしか言いようがないが、シャルケのようなチームをここまで追い込むことができたのは見事だった」と、目標達成はならずも興奮気味にコメント。

一方、最終節でCL出場権を手中に収めたシャルケのケラー監督は、「(試合前の)プレッシャーからようやく開放された。とにかく疲れたが、結果には非常に喜んでいる」と試合後に心境を話した。