身長192センチのアポグマ

MF宇佐美貴史の所属するホッフェンハイムは5月13日、3部リーグのカールスルーエSCからU19(19歳以下)ドイツ代表DFケビン・アポグマ(18)を獲得したと発表した。両クラブの申し合わせにより移籍金は非公表で、契約期間はことし7月1日から2017年6月までの4年間。

身長192センチのアポグマは2012年、U17ドイツ代表の一員としてU17欧州選手権スロベニア大会に出場。今季はU19ドイツ代表に招集された。カールスルーエでは2012年11月、センターバックとしてトップチームの公式戦にデビュー。2013年1月には17歳と282日の若さでゴールを決め、ドイツの3部リーグの史上最年少得点者となった。