阿部拓馬インタビュー 第33節ドレスデン戦

MFのアーレンは、5月12日に行われた本拠最終戦の第33節対ドレスデンに3-0で完勝した。ホーム最終戦で先発した阿部が試合後、インタビューに答えた。

この試合の記事へ



――ホーム最終戦を勝利で終わって。

阿部 そうですね。まあ、勝ってよかったです。連勝で。

――前節先発して、自分でもあまりよくなかったという内容にもかかわらず、今節また先発で使われて。先発入りがあるなという感じは練習からしていた?

阿部 ・・・ちょっと分かんないです。毎週そうなんですけど、どんな選手でも良くても悪くても出たり出なかったり、ローテーションなんで。言われるまで(先発入りするかは)分かんなかったです。結果が出せなかったのが残念です。

――結果というのは、プレー内容よりもゴールということ?

阿部 そうですね、はい。試合終わったときに(プレー内容が悪くてもノーゴールでも)どっちも嫌な気持ちが残りますね。まあでもきょうはチームが勝てたんで、それはすごい良かったです。

――監督が目標に掲げていたひと桁順位も、きょうの勝利で確定しましたが。
阿部 すごいですよね。

――この快進撃の理由は?

阿部 快進撃の理由ですか・・・それはまだちょっと分からないです(笑)。ただ、今シーズンは力になれた気があまりしていないので・・・。

――今シーズンもあと1試合。移籍からここまで早かった?

阿部 そうですね・・・1月の20日に来て合流して。4カ月くらい。あっという間ですね、毎日。日本とは全然違うんで、楽しく過ごしてます。

――当初と比較して、自分のプレーに変化は出てきた?

阿部 最初よりはもちろん、(チームメイトが)自分のプレーとか分かってくれるんで、やりやすいです。先発で何回も出るのが大事だと思いますね。