長期離脱のフェリペは復帰

日本代表DFが所属するハノーファーのDFが、負傷による長期離脱から復帰することが5月10日、明らかになった。

腰の怪我と肉離れによって10月初旬以来欠場していたフェリペは、11日(土)の第33節レーバークーゼン戦で再びメンバー入りするという。

欠場がほぼ確定しているのは、MF(十字靭帯負傷)、FW、DF(どちらも肉離れ)、FW(腰の怪我)、DF(累積警告による出場停止)、MF(筋肉の負傷)の主力6人。さらにMFは風邪の影響で、出場はいまのところ微妙だ。