オーストラリア年間最優秀選手の21歳

日本代表DFと同FWが所属するシュトゥットガルトは5月8日、新たにMFマルコ・ロハスを獲得したと発表した。

ロハスは21歳の攻撃的選手で、メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)から移籍金なしでシュトゥットガルトと2017年までの契約を結んだ。

「マルコはオーストラリアの年間最優秀選手に選ばれたが、それだけが目にとまったわけではない。彼はサイドの攻撃ポジションをこなすことができ、スピードが魅力の選手だ」と、スポーツディレクターのフレディ・ボビッチ氏は獲得の理由を説明。さらに「プレシーズンではどれだけ早くドイツに慣れるか楽しみだ」と付け加えた。

ロハスは「父とともにクラブと話し合い、僕を欲しがってくれている印象を受けた。選手にとって、クラブがどうしても欲しいと思ってくれるのは素晴らしいこと。間違いなく大きな挑戦になると思う」と移籍を喜んでいる。