バイエルン監査役員会が人事発表

今季王者のバイエルンは5月7日、前日行われたクラブ監査役員会にて下記の人事決定があったことを発表した。

-カールハインツ・ルンメニゲCEO(57)との契約は、2014年1月1日から2016年12月30日までの3年間延長

-これまで2014年6月30日までとなっていたアンドレアス・ユング氏(51)の契約は、2016年6月30日までの2年間延長

-それ以外に、これまで4名で構成されていた役員会を1名増やす。2013年7月1日から、bwinジャーマニーの社長を務めていたイェルク・バッカー氏(45)が新たに、アンドレアス・ユング氏とともにマーケティング業務を担う

株式会社バイエルン・ミュンヘンの新役員会は2013年7月1日以降、下記の構成となる。

-カールハインツ・ルンメニゲ、CEO
-ヤンクリスティアン・ドレーゼン、CFO
-マティアス・ザマー、スポーツマネジメント担当
-アンドレアス・ユング、マーケティング担当
-イェルク・バッカー、国際化戦略担当