一進一退の攻防が続く4~6位の戦いを徹底分析(第1弾)

【ミュンヘン発・bundesliga.de編集部】 今季も残すところ2試合となり、各クラブの順位が固まりつつある中、4位から6位を争うレースでは依然として一進一退の攻防が続いている。欧州チャンピオンズリーグ(CL)予選の出場権が得られる4位につけるシャルケと5位フランクフルトの勝ち点差は3。さらに、6位フライブルクも勝ち点差4で4位浮上の機会をうかがっている。と同時に、現時点で欧州リーグ(EL)出場権を手中に収めるフランクフルトとフライブルクの下には、欧州の舞台を夢見る7位ハンブルガーSV、8位メンヘングラートバッハ、9位ハノーファーの3チームが逆転可能な位置につけており、最後まで徹底抗戦の姿勢を崩さない。bundesliga.de は6チームの状況を分析。今回は第1弾として、上位3チームの分析結果を紹介する。


シャルケ


勝負強さには定評がある。直近2戦では上位争いのライバルであるハンブルガーSVとメンヘングラートバッハを下し、4位を堅守した。また本拠地での調子も上がっており、このところホームの5試合では勝ち点13を手にしている。さらに、レーバークーゼン戦では0-2の劣勢から同点まで追いつき、価値ある勝ち点1をつかみとった。心強いのはエースFWフンテラーが怪我から回復し、その復帰戦(対ハンブルガーSV)で3ゴールを挙げたこと。残りの2試合でも勝利の鍵をにぎる選手となる。

直近5試合の結果(左から古い順に)・・・勝、分、負、勝、勝
残り2試合の対戦相手・・・シュトゥットガルト(ホーム)、フライブルク(アウェー)
今後の展望・・・次節で不調のシュトゥットガルトを叩けば、4位逃げ切りはほぼ確実。


フランクフルト


3-1で勝利した前節デュッセルドルフ戦を終えて、フェー監督は「チームは疲れ切っている」とコメント。しかし、直近3試合で勝ち点7を獲得しており、調子は上向きだ。また、チームの希望を一身に背負う今季15得点のFWマイヤーは、前節で2得点の活躍をみせた。残り2試合の対戦相手となるブレーメン、ウォルフスブルクの両チームに対しては、前半戦でいずれも勝利している。

直近5試合の結果(左から古い順に)・・・負、負、勝、分、勝
残り2試合の対戦相手・・・ブレーメン(アウェー)、ウォルフスブルク(ホーム)
今後の展望・・・土壇場でのラストスパートに成功。ブレーメン戦の結果が最終順位に大きな影響を及ぼすこととなる。


フライブルク


公式戦3連敗で迎えた前節アウクスブルク戦で、前半戦の快進撃を思わせる躍動感をみせたフライブルク。MFローゼンタール、MFカリジュリ、MFフルームら主力の来季での移籍が続々と決まる落ち着かない状況下でも、チームの目標にブレはない。次節での対戦相手は最下位フュルトと組み合わせにも恵まれており、仮にシャルケがシュトゥットガルト戦を落とすことになれば、最終節で4位決定戦が実現する。ゴールを守るGKバウマンの好セーブに期待。

直近5試合の結果(左から古い順に)・・・勝、勝、負、負、勝
残り2試合の対戦相手・・・フュルト(アウェー)、シャルケ(ホーム)
今後の展望・・・欧州リーグの出場権獲得は堅い。前半戦ではアウェーのシャルケ戦で勝利を挙げている。


分析結果の第2弾へ