第31節アウクスブルク戦 酒井、岡崎インタビュー

日本代表DFと同FWが所属するシュトゥットガルトは、4月27日に行われたブンデスリーガ第31節でアウクスブルクに0-3で完敗した。試合後、酒井と岡崎の両選手がこの日のゲームについて語った。

この試合の記事へ



〈酒井高徳〉



――どうでしょう、きょうの結果は?

酒井 いやー・・・何でしょう、前半よくはなかったんすけど、なんか1点・・・、別に取られているわけじゃないのに、自分たちの点が入らないからって焦っている感じがあって。きょうはちょっとセカンドボール、拾えなかったのがすごい痛かったのかなぁというか。やっぱり、セカンドボール拾えないだけで、これだけリズムがどっち寄りになるかっていうのが変わってくると思うし。もちろん全体的に良くなかったというのもありますけど。それ以前にリズムつかめなかったのは、そこかなと思う。

――向こうの戦い方が上手かったという感じ?

酒井 いや、ほんとそうですね。勢いもあり、しっかりつなげるところもありっていう。まあ相手のほうが何をするかっていうかがハッキリしてて、それをすることだけを考えて、その場で。もう本当に、きょうに関してだけ言えば、組織力で完全に負けてたなというのは感じましたね。

――向こうは降格争いのど真ん中で、絶対に負けられないという気持ちが出ていたと思うが。

酒井 いや、ありますね。けどやっぱり僕らはそういう気持ちに負ける・・僕は特にそういう相手にこそ勝てるチームが本物だと思うし、じゃバイエルンだとか、ドルトムントだとかはここで負けているかっていったら、こういう相手でもしっかりしたたかに勝っているんで、ねえ。やっぱり僕らも上目指すんだったら、こういうチームにやっぱり勝たなきゃいけないし、残留争いなんてちょっと前まで僕らもしていたわけなんで、そういう気持ちでやらないといけないと思うし。いや、降格争いしているチームはやっぱり強いなと思いますね、はい。

――ただチームとしては公式戦でいえば3連勝していたわけだし、雰囲気的には悪くなかったと思うんだけど、疲れが溜まってきたとか、そういうのもあったの?

酒井 いや、練習すごく楽にやってるんで、すごく監督も考慮して、フレッシュな状態で試合に臨むことに専念して、やっぱ練習も負荷減らしてるし、オフもくれているし。いやーもうだから、きょうは本当に気持ちが入っていなかったなと。まあ2失点目、3失点目は特にやっぱり、こうバランスが悪かったかなと思いますね。


〈岡崎慎司〉



――きょうの結果を受けて、感想は?

岡崎 負けは本当にダメですね、この相手に。でも(相手は)前半からいいサッカーしてて、ウチのほうが完全にやられてるなって感じだった。ラスト20分で0-1の状況だったんで、まだ全然返せる状況だったし、入りはよかった。16番(MFトラオレ)と交代したってことで、自分が起点にならないといけないっていうのがあって。(それが)やれてたんでそのまま続けて、2回はうまくいって、2回は失敗して、失点(3点目)につながったんで。ああいう取られ方っていうのはよくないし。個人的な問題かな、ああいう取られ方は。ちゃんと回り見てターンしてればとか、そういうゲーム感覚的なところがあったと思うんで。でもそういうのを試せたというのは20分間いい機会だったなと思う。反省もあるし、ただ、チャレンジしてることには別にネガティブではなくて、こういう大きいミスですけど、自分はたった20分しかないとなると、思い切ってやって、ミスしてもそれをまた次、余裕持って回り見てやれるっていうところもあった。

――次節はフュルト戦で、前半戦(12月1日、アウェー)ではゴールを決めていたけど。

岡崎 そうですね、やっぱり下位のチームも自分たちのサッカーしてるんですよね。むしろハートは強くて、そういう相手に対して自分たちがこじ開けられないと、成長にはつながらない。きょうは本当に自分たちの悪い部分が全部出た。まあ僕はチームのことを言ってる場合じゃないんですけど。結果も欲しいし、チームが勝つためのプロセスも自分は作りたいと思うから。きょうはそのチャレンジができたけど、失敗に終わったっていう感じですかね。だから全然ネガティブじゃないし、あと3試合でアピールしてポカール(DFB杯)決勝(での出場を)狙っていきたい。