復帰の予定時期には影響なし

バイエルンの主力でドイツ代表MFのは4月22日、左膝の手術を受けた。同選手は今月初めから右内転筋の肉離れで戦列を離れていたが、今回の手術によって復帰がさらに遅れる心配はないとのこと。

クロースは「グアルディオラ新監督の下での練習開始には問題なく間に合う。それどころか密かにDFBカップ決勝での復帰を企んでるんだ」と明るい様子。また、膝を負傷していたエースのFWは24日にトレーニングを再開し、第31節のフライブルク戦で出場可能となる見込みだ。