第30節フランクフルト戦を終えて インタビュー

ブンデスリーガ第30節2日目は4月20日、各地で6試合が行われた。日本代表MFのフランクフルトに0-1で敗れた、シャルケの同DFが試合後、乾との対戦や今季残り試合について語った。

フランクフルト対シャルケの記事へ

この試合の公式データへ

内田篤人のインタビュー動画へ

乾貴士のインタビュー動画へ

乾貴士のインタビュー記事へ



――お疲れさまでした。

内田 疲れたぁ。

――残念な結果になった。

内田 まあね。取れる時に取っておかないとね、こうなっちゃいます。

――前半あれだけ押していたし、PKもあった。あそこで決めておけばな、という感じ?

内田 も、あるけど、まあ・・・。まあいいや、なんでもない、なんでもない。

――試合の入りとしては悪くはなかった。

内田 悪くはなかったとは思うけど。結構押し込めていたし、前に。最初のチャンスもうちらだったし、まあ前半最後だね、セットプレー。結構練習してきたんだけど、うちは。まあ時間帯も悪かったね。

――あれ(乾を内田が止めた場面)は、ファウルの判定は厳しいかな、という感じだったが(注・ファウルの判定でフランクフルトが得たフリーキックが、41分のゴールにつながった)。

内田 でも、あいつ(わざとファウルを)もらう選手じゃないからさ、タイプ的に。わざとコケるやつじゃないから、たぶん俺のファウル。まあVTR見てないからなんとも言えないけどね。

――その前半、うまく攻めることができていて、カウンターを受ける場面もあったが、リスクマネージメント的にはどういう感じで?

内田 いや、あいつ、なんか、いっつもふらふらしてるからさ、乾。あれ狙ってんのか、サボってんのかわかんないけど。2回くらい危ない時あったから。あいつ、あれ狙ってんのかな?

――狙ってないから放っておこうかなと思うと、狙われてしまって、ケアしないと、というような感じ?

内田 失点していないから、守れているとは思うんだけど。体は追いついたし、別に問題ないと思うけど。ああいうふうに残ってると嫌なんだよね。ちゃんと下がって戻ってくれてるほうがいい。

――結構、(同僚の守備的MF)ヘーガーが3バックの右側まで下がってきて、上がれ上げれとやっていた。

内田 詰まっちゃうんだよね、あれ、前が。あんまやりたくないんだけど、俺は。チームの戦術的にああなっちゃうんで、まあいいっちゃいいんだけど。俺はなるべく低い位置でもらって組み立てたいタイプ。あんまり高い位置に行っても詰まるからさ。それは試合中にいるけど。後半はあんまりもう、全然前行っちゃったけど。

――相手のGKにことごとく止められていた。あれは相手GKが良かったのか、決めなければならなかったのか。

内田 半々じゃないですか。決めなきゃいけないシーンもあったし。うちも決められちゃいけない時間帯にやられたし。そんだけですね、サッカーは。俺らいま何番?

――4位。順位は変わらない。下が詰まってきているのに加えて、(3位の)レーバークーゼンも(2位の)ドルトムントも、きょう勝った。

内田 ま、しょうがないでしょ。あと4試合ですか、オフまで。

――でももう、結構、負けられないところにきた?

内田 いや、だいぶ前から負けられないと思ってたけど(笑)。

――この2連戦、ちょっと勝ち点が欲しかった。

内田 そうそうそうそう。レーバークーゼンとね、きょうね。・・・(日本の報道陣の数について)きょう、人多くないですか? 注目の一戦だったんですか?

――上位対決、日本人対決だから。

内田 全然注目の一戦じゃない(笑)。ま、行ったり来たり(の試合)で、見てる人には面白かったかもね。ゴール前(の場面)も多かったし。

――(大腿部は)もう完治?

内田 いや、めちゃ怖いっちゃ、怖い。まだ暑くなるクリームみたいなの塗ってるし。余裕ってわけではない。

――まだ気持ち的に怖い?

内田 なんかね、日によって違うの。朝起きたり寝るときに、ん? て思う時もあるし、きょういけるな、って思う時もあるし。よくわかんない。気分屋だから。