前節ウォルフスブルク戦でデビューの22歳MF

日本代表MF宇佐美貴史の所属するホッフェンハイムは4月17日、U23MFアンドレアス・ルートビヒと2015年までのプロ契約を結んだことを発表した。

22歳のルートビヒは、U23のチームでこれまで24試合に出場し15ゴールを挙げ、レギオナルリーガ南西部の得点ランキングトップの選手。 ホッフェンハイムのマークス・ギスドル新監督は、就任後すぐにルートビヒをプロチームでメンバー入りさせた。13日(土)に行われた第29節ウォルフスブルク戦(2-2)で、ブンデスリーガデビューを飾っている。