マイスターシャーレ(優勝皿)授与

DFLドイツサッカーリーグは4月9日、バイエルン・ミュンヘンへのマイスターシャーレ(優勝皿)授与式典を5月11日(土)の第33節に行う、と発表した。バイエルンはこの日、本拠地アリアンツ・アレーナでアウクスブルクと対戦する。

ラインハート・ラオバル・リーグ協会会長、クリスティアン・ザイファートDFL有限会社取締役社長、アンドレアス・レティッヒ同社取締役の3名が式典に参加する。

マイスターシャーレ(優勝皿)は1949年、当時ケルンにあった芸術大学のエリザベート・トレスコフ教授が制作した。直径59センチ、重さは約11キロで、現在の保険金額は5万ユーロ。1903年以降のドイツ選手権優勝チーム(1903年はVFBライプツィヒ)、1963年のブンデスリーガ創設以降は毎シーズンのブンデスリーガ優勝チームの名が刻まれている。