シャルケが発表

日本代表DFの所属するシャルケは4月8日、昨年夏まで2シーズン所属した元スペイン代表MFラウル(35)の送別試合を、ことし7月27日(土)に本拠地のフェルティンズ・アレーナで開催する、と発表した。

相手チームはラウルが昨夏から所属するアルサド(カタール)で、シャルケにとっては来季ブンデスリーガ開幕(8月9日)前の強化試合の意味合いもある。ことし6月に36歳になるラウル本人によれば、この送別試合を最後に引退する気はないが、シャルケを退団した頃から構想を温めていたものという。当日はフェルティンズ・アレーナ周辺で、毎年夏恒例のファン感謝デーのイベントも行われる。

長年在籍したレアル・マドリードで6度のスペイン1部リーグ優勝、3度の欧州チャンピオンズリーグ(CL)優勝に貢献したラウルは、内田と同じ2010年夏にシャルケに加入。昨夏までの2シーズンで、ブンデスリーガでは66試合出場(28得点)、DFB杯7試合出場(3得点)、CLと欧州リーグ(EL)合わせて23試合に出場(9得点)した。2011年5月のDFB杯優勝が、シャルケで獲得した唯一のタイトルとなった。