4月中のチーム練習復帰は微妙

日本代表DFが所属するシャルケの主力センターバックで、ギリシャ代表のの復帰が更に遅れそうだ。

膝に炎症を起こし、昨年12月初旬に手術を受けていた同選手は、改めて軽い手術を受けた。これによって、当初予定されていた4月中のチーム練習復帰が実現する見通しは悪くなった。シャルケは、同様の怪我の治癒過程で今回のような処置が行われるのはよくあること、という見解を出している。

6日のアウェー・ブレーメン戦では、さらに米国代表MFの欠場が懸念されている。先月22日に行われたW杯予選・コスタリカ戦で負った足首の裂傷がまだ完治していないとのこと。