ボーフムDF、第27節ヘルタ戦で負傷退場

が所属するボーフムは、が不幸中の幸いで中骨剥離骨折ではなかったことを明らかにした。

ルンプは第27節ヘルタ戦(3月30日)で負傷、途中交代し病院へ搬送された。ベルリンの大学病院で早急に検査が行われた後、明確な診断が下された。縫わなければならない裂傷のほか、打撲も負っていたという。今後3~4週間欠場する見込みとなっている。