宇佐美貴史 第27節試合後インタビュー

日本代表MF宇佐美貴史が所属するホッフェンハイムは3月30日に行われたブンデスリーガ第27節、敵地で日本代表DFが所属するシャルケと対戦し、0-3で敗れた。ベンチ入りしたものの出場機会を得られなかった宇佐美が試合後、悔しさや来季の去就について語った。

シャルケ対ホッフェンハイムの試合記事へ

この試合の公式データへ



―― クアツ監督は今日交代枠を1つ使わなかった。

宇佐美 いや、交代枠を残したというより、交代のチョイスにも納得いかないですし。それでそのあと2点取られてるわけですから。そういうところにも今日の結果になった理由があるんじゃないかと思います。まあ自分が出たい気持ちもある中で、ああいうチョイスだったのでびっくりしましたけどね。

―― 監督が交代に関して消極的。強豪に対しては、少し勝負を諦めているような印象さえあるが。

宇佐美 まあ強豪というか、シャルケの時もバイエルンの時もそうですけど、やっぱり交代に関しては繊細なところになってくると思うし、難しさはあると思いますけど。1点取られたところで、自分が出た時のプレーのイメージも明確になったし、出ればいける自信もあったので、その中でチョイスもされず・・・。諦めてるというよりは、それが今日はハマらなかったという感じなんじゃないですかね。

―― 16位アウクスブルクとの勝ち点差が縮まらず苦しい状況だが、ここから持ち直すためには何が必要になる?

宇佐美 まあ、これまでにも取り組んできているので、今日負けたからといって慌てているようでは遅いと思います。なかなか続けてるんだけど結果がついてこないのは、下の順位のチームにはあることで。その中でも続けていくしかないです。その中で1勝が大きくなって、勢いに乗ってっていうのが、終盤の3試合であるかもしれませんし、次の試合であるかもしれませんし。それは分からないですけど、とにかくやり続けないと可能性も見えてこないと思います。

―― 1勝すれば流れは変わる?

宇佐美 そうですね。フュルトにああいう形で勝って、マインツもいいチームですけど0-0で。攻撃はなかなか難しいですけど、守備はしっかりしてた中で今日3失点っていうのは多少響くところはあるのかなと思いますけど。次も大事な試合ですし、順位も近い相手なので、勝てればすごく大きな1勝になると思うし、そこから劇的に変わるかもしれないので。

―― 今は期限付き移籍でこのチームにいるわけだが、夏以降に関する話はしている?

宇佐美 その辺もかなり自分にとって難しいところですし。このままホッフェンハイムに残って2部に落ちてっていうのもありますし、もしかしたら1部のほかのチームに行くかもしれませんし、日本に帰るかもしれませんし。色々な可能性がある中で、話はしてますけど、具体的な話は言えないですけど。どうなるか自分自身も分からないんで。

―― 行き先がどこになるかわからない中で、ドイツ語習得に対するモチベーションはどのようにキープしている?

宇佐美 (今)ドイツにいるので。次のシーズンでどこにいくか分からないからといってやめるつもりはないです。ドイツ語を勉強することで、次に行ったチームでドイツ語が生きてくる可能性もあるので。別にやめるつもりはないですけどね。喋れるようになりたいっていう気持ちは強くありますし。喋れるようにもかなりなってきてるんで。1回まったく喋れないって、メディアに出てましたけど。でもあれはまったく事実じゃないので。

―― サッカーに関するドイツ語は問題ない?

宇佐美 そうですね、サッカーの言葉はまったく問題ないです。現にそれで問題があるようなら、監督も通訳をつけてるだろうし。それがないってことは、しっかり理解できてるからだと思います。

―― バイエルンで試合に出られなかった昨シーズンと今を比べると?

宇佐美 まあ、去年も試合に出れてない中での得るものだったり、日ごろの練習のレベルも高い中で得るものは多くありましたし。今シーズンは試合に出た中での課題というか、なかなか結果残せないというので、自分自身が情けないという気持ちを本当に持ってます。試合に出る中での積み重ねが今シーズンはできてると思うので、全然ネガティブに捉えてないですし。まあ自分自身もまだ若いんで。今こういう経験を積み上げることは絶対プラスになってくると思うんで。