厳しい降格争いは続く

ブンデスリーガ2部第27節はは3月30日、各地で2試合が行われた。MFが所属するボーフムは首位ヘルタとのアウェー戦に挑み、0-2で敗れた。田坂は4-2-3-1の左MFでフル出場した。

序盤から主導権を握ったのは、首位を走るヘルタ。4分にが右足でミドルシュートを決め、早々に先制点を奪った。その後もヘルタは圧倒的にゲームを支配し、チャンスを作り出していく。ボーフムは対抗策を見つけられず、なんとか相手の攻撃をしのぐ展開となった。しかし後半開始直後の46分、ヘルタはがクルーゲとのワンツーでボーフム守備ラインを突破、簡単に追加点を奪う。ボーフムも終盤必死に反撃を試みるが、ヘルタとの力の差は歴然でチャンスを作ることはできなかった。勝利したヘルタはまた一歩、1部昇格へ近づいた。

一方、敗れたボーフムはここ5試合で手にした勝ち点が2と、浮上のきっかけをつかめていない。3部との入れ替え戦に回る16位ドレスデンとの勝ち点差はわずかに2、自動降格となる17位ザンドハウゼンとも4差となっている。

田坂は先発フル出場も、前半は効果的にゲームに絡むことができず、43分には5枚目のイエローカードをもらった。これによって次節アウエ戦は出場できない。後半は少しずつチャンスに顔を出し、74分には惜しいシュートも放ったが、ゴールには届かなかった。