主力5選手が練習欠席

昨季2冠王者ドルトムントが、第26節フライブルク戦(16日)を前に人員的問題に直面している。目下のところ、中心選手であるフメルス(靭帯負傷)、ケール(肋骨骨折)、ベンダー(インフルエンザ)、ブワシュチコフスキ(腰痛)、シュメルツァー(肩の怪我)5人が練習を欠席している。

フメルスとケールの対フライブルク欠場はすでに確定している。クロップ監督は「ベンダーも欠場が濃厚だ。電話をしてみたが、あまりいい調子ではないようだった」と明かした。