阿部は後半から出場

MFが所属する2部のアーレンは12日午後、練習の代わりに急きょテストゲームを行い、1部のアウクスブルクに1-3で敗れた。阿部は後半から出場した。

試合はアウクスブルクの本拠地SGLアレーナで、観客のいない中で行われた。アーレンのハーゼンヒュットル監督は、前後半を完全に異なるチーム編成で戦い、U23のアリ・オダバスとハネス・ボーストの2選手も出場させた。アーレンは33分に先制を許したが、48分に同点とするなど1部相手に善戦。しかし最終的には3点を奪われて敗戦を喫した。


アウクスブルク:GKイェンチ-フェアハーク(80分フラムベアガー)、フォークト、ラングカンプ、パークフースト-ラインハート、エアル(46分ウーデ)、ペトルツェラ、モラベク(46分ハイン)、チョイ(82分シュスター)-
バンス(82分トゥクバイ)

アーレン(前半):GKフェイジッチ-トラウト、メスマー、レアンドロ、オダバス、アイデミル、ボースト、ホーフマン、クラウス-ライヒワイン、シディマール
アーレン(後半):ベアンハート-シュルツ、バート、ヒュプナー、ブバラ-ユングラス、ハラー、レヒライター、阿部、ベアクハイム-カルミータ

得点:1-0 モラベク(33分)、1-1 ベアクハイム(48分)、2-1 バンス(57分)、3-1 ハイン(70分)