MFノイシュテッターと左SBフックス

日本代表DFが所属するシャルケは、今週末の第24節対ウォルフスブルクで、新たに2選手が欠場の危機にある。

MFは26日の練習をインフルエンザで休んだ。DFは引き続き腰痛を訴えているという。

イェンズ・ケラー監督は肉離れの内田、筋断裂のアフェライ、そしてパパドプロス、マリカ、ウナーシュタル(3選手ともに膝の手術)、さらに足首じん帯負傷のモーリッツという欠員問題を抱えている。